ぴかちゅうのぐだぐだ日記

FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

英一でるとかm9(^Д^)プギャーヒャヒャヒャヒー

今日はほんと久しぶりに英一に出席。出席点などみじんも意識していない自分にとって、この出席は奇跡的。ていうかよく行く気になったよな。体調は悪いというのに。行ってみるとモーヲタ、二郎ヲタ、サイタマ、サイトと予想通りの必死な面々(とはいえ全員単位は間違いなくとれるのだが)まず、電車の中で教室番号すらしらない(冬学期は今まで全欠席w)ことに気づき、サイトにメールして聞く。さらに自分のクラス何組かも忘れてる。どうしようもない。授業はあんまりまともに受けた感じがしない。ていうかぬるすぎて眠くなる。でも教官はいい人っぽいし、これで何点か稼げるならこれからはでようかな。そしてモーヲタタンに統計の宿題・ノート一式をたかる。いつも?クスとゆいたいですね(プ
映画「バタフライ・エフェクト」
何度も過去に戻って「彼女」の悲惨な運命を変えようとする主人公の苦闘を描いた野心作。SFといっていいのか、スーパーナチュラル系といっていいのか。とりあえず「切なく悲しいハッピーエンド」というキャッチコピーは的を射ていることは確か。テンポがよく、過去のエピソードがいずれもうまくリンクしながらこちらをひきつける構成になっているのでまったく飽きない。先も読みづらい。良作であるのは間違いない。主役を演じているアシュトン・カッチャー君(年上だけど)はモデルあがりで、日本で言うジャニーズ系のチャラチャラした役者もどきだとしか認識していなかったが、本作を見るとそれは大変失礼な偏見だった。「いい演技」をしようとまじめにやってるのが良く分かる。製作総指揮もやってるところを見てもこれからますます大物になっていくだろうと思う。
「隣人13号ディレクターズ・カット」
2回目。やはり何度見ても椅子に縛り付けられるような衝撃で見終わった後少し動けない。普段、エンドロールは最後まで見ないほうなのだが、これに関しては平川地の「はがれた心」最後まで聞いちゃったよ。中村獅童の完璧イカれちゃった演技も、小栗旬の完璧なまでのいじめられっ子ぶりも、新井浩文(青森が生んだMrD・Q・N役者!!)の見事なまでのドキュンっぷり(ついでにパフィーの由美もやばいくらいドキュン。じゃなくてドキュン演技。ていうか素だろ、これww)も秀逸。井上三太の漫画も今度まとめて読みたい。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/22(木) 00:26:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

教官が・・・ちょっwww

普通に起きれず1限からの統計スルー。ていうか最近午前中に起きるのすら苦痛なんですが。まじで生活リズムがどうとかの問題じゃなくてどっ悪いんじゃないかと心配になるほど体がだるい。別に最近酒も飲んでないし、セックスもそんなしてないし、早めに寝てるしで、普通に健康的だとは思うのだが・・・ま、ある意味眠い時は寝るのが一番の特効薬だと思ってるので今日は帰ってから夕食後熟睡して今に至るが。というか今日は3限からのマクロで疲労も倍増した希ガス。内容はまだ序盤だし特に教科書を見るかぎりでは難しいはずはないのだが、教官の元経済学部長の祝いがありえないwww面白すぎwwクオリティたけー(^Д^)必死に教えたいのも分かるし、経済の知識においてはかなりのものがあることも分かる。つまりは熱意派であるのだろうが、そういったもののほとんどが負の力として働き教官の口調・板書を乱雑なものにしていると思われる。せめて、板書が壮絶に雑・見にくいのだから説明だけでも聞きやすくしてくれやw今のところ教科書を読めば対応可だが、今後微分・グラフを用い始める複雑な計算などがでてくるので、その部分の説明は今から不安である(というより100?きちんとついていくのは無理^^)
映画「マイ・ボディガード」
こういったいらいらする教官とは違って本作のトニー・スコット監督はきわめて明確な復讐劇を撮ってくれた。とにかく「目には目を、歯には歯を」を地でいく正統派バイオレンス。公開前の宣伝を見たにわか系の輩は本作を「レオン」のような屈強な男と少女の心の交流がメインの感動系の犯罪ドラマと勘違いして見に行き、あまりの後半の陰惨さに途中で退席が後をたたなかったらしい。たしかにハリウッドのエンターテイメントというには激しすぎる・リアルすぎるシーンが多いとは思った。指を切ったり、指を5本ライフルで根元から引きちぎったり、タマをナイフでえぐるシーンが立て続けにでてくる後半の怒涛の復讐ラッシュにはすっきりすると同時に目を背けたくなる。しかし、大事なものを誘拐という許されざる犯罪で奪われた時の母親やこの主人公の行動を見てると、法律ってものが通じない世界というものがこの世界には存在するんだなあと思った。なにしろ犯人のグループは警察や司法関係者なのだから。メキシコが舞台だが、中南米というのはいろんな映画でこういう物騒なイメージをもたれてしまってそれでいいのかな?肯定的に描いてくれた映画が少ない気が・・・
  1. 2005/10/15(土) 01:43:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ネタ無いよw

例によって起きたら午後。一日の始まりがこれだからやる気もでない。結局何やってたのかもよくわからん。これから英一でもやるか
キミャーはなんとか終わらせた。それだけでもめでたしめでたし
  1. 2005/07/04(月) 01:11:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アツい飲み(笑)

今日は、起きたのが例によって午後なので授業に行く気をなくし、経済史とミクロの宿題を学校の図書館でやる。その後7時半ぐらいに渋谷で前髪らと飲むため移動。馬、きむ、サイト、遅れてゲソも合流。センター害のたまり場として悪名高い「甚八」へ行く。行ってみると予想どおり壮絶なうるささで、自分が言ってる声も聞こえない(∩゜Д゜)アーアー状態。さすがに相当テンション高くないとここはきつい。しかし今日は馬がいるのでかなり危ない雰囲気。予想通り馬が日本酒をとっくりも使わずがぶ飲みを始める。しかもそれが1,2杯にとどまらず3、4杯までその調子。こいつはこれがでふぉだが、さすがに酒強いと思う。ていうか隣接する席のやつらのマナーが最悪で(DQNなのでこれもでふぉ。この店きたらこういった隣客に悩まされることが常)途中までむかついていたが、帰り際に突然コール(例によって「あいあいあい(ry」)をふってる最中絡んできた。そこで馬がすかさずこいつに飲ます。となりのギャル系の姉ちゃんたちもこっちに絡んでくる。馬がイケメンだったのが幸いしたのか。馬にかなりの酒をついでむこうも乗りまくっていた。実際、関係ない席の人とからむことがあまりないのでこれは新鮮。しかし別に狙ってやりたいとも思わないが。この途中少しこの絡みがうざくなってきたので退散。ゲソが地味に嘔吐、馬はぐだぐだ状態、前髪も帰る途中にいきなり腹痛を訴えトイレへ急行。結局久々に「アツい」飲みになってしまったのであった。
  1. 2005/06/29(水) 00:27:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なぜかどこも空気重いw

今日は昼におっき。朝から読売だの宅配便だのがきて少しパニックになる。予定に従えば、昼ごろから社説の日本語訳を図書館でやろうかと思っていたが、結局大学に着いたのはぎりぎりの時間。で、今日のコリ語。前髪が壊れてた(笑)どうてーサンバとか歌ってる(pgrしかし、なんか冗談通じないような気配。意味わからないのは掲示板でのモーヲタ叩き。それに馬と1の彼女の仲むつまじい登場や、久々登場のシブの煽り(こんなの煽りともいわないが)に激怒(笑)まあこんなことはどうでもいいことで、実際自分はK宮の出した、会話文暗記に必死になっていた。もともと暗記は得意だし、かなり復習もしているので発表も余裕でこなす。相方のラス(彼もヲタなのになぜたたかれないの?)もGJ。その後事務所へ。なんかむさいオサーンばかり。しかもT山さんもS木さんもいねえ。知ってるやつイネーー(゜А゜)ーー。異様に空気重かった。こんな殺伐とした感じは実際嫌いじゃないけど、もしクラスがこんな感じだったらマジで嫌だw
音楽:「全力少年」スキマスイッチ
久々に音楽。なんかこのところ、上位に食い込むようになってきた彼ら。この歌は、名曲「奏」以来のいい曲。カップリングではグレープバインと組んでる。ファン層もどんどん広げてるみたいだし、今後も良曲を作り続けるだろう。期待大。今回はいつもより歌詞の比重が大きい。前から少し歌詞が力不足だと思っていたので、これには大満足。
「僕たちの行方」高橋瞳
ようやく全部聴いてみた。典型的ガンダムソングだけど、歌唱力があるのはわかる。2番は自分で書いたらしいけど、うーん、少し凡庸かな。ただ同じタイアップ系でも玉置とかハイカラよりは人気がでるかも。
  1. 2005/05/10(火) 01:48:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ぴかちゅう

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

script language="JavaScript"> var rf; ref=escape(document.referrer)+""; if( (ref=="undefined") || (ref=="") ){ ref="bookmark";} document.write(''+ ''+ '');
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。