ぴかちゅうのぐだぐだ日記

FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

明日から旅行

明日から2泊3日で那須高原へ。昼にはDTからメーリス3連発。はしゃぐ気持ちはわかる。しかしコテージでは暇になるだろうというのが気になる。もしかしてこの日記のようにぐだぐだな感じになってしまうのか。まったくの私事だが明日は午前3時からチェルシー対リバプールというビッグマッチがあるんだよな(´Д`;)ハアハアどうやらテレビくらいはありそうなので必ず意識があったなら見るぞ!で、これから荷物まとめなきゃな。
音楽
「BEATSPACENINE」M?flo
エムフロウがいろいろなアーティストと組んで送るコラボアルバム。今回はなんと初代メンバーだったLISAとも組んでおり、内容は充実。VERBALのラップはやっぱりスゴスギルと思う。個人的にはBENNIEKとのコラボ「taste your staff」とシングル曲だけどYOSHIKAの歌唱力に唸るバラード「let go」が良かった。しかしコラボも明らかにこれはないぞ、っていうくみ合わせが2,3曲(K?POPのやつがどうも好きになれん)あったのは残念。いいかげんYOSHIKAかEMILYかどっちかを固定にしてまた動き出して欲しいものだ。
「NANA」
映画は決してみないとは思うが、一応一時代のムーブメントであることを考慮して劇中で使われている2曲を聞く。REIRA役のITOYUNAがイイ。カップリングがとても多いのだがどうでもいい曲ばっかりで残念でならない。中島のほうはよくもないし悪くもない。ていうかこの人に興味がない。
「ILOVEYOU」ミスターチルドレン
やはりヒットしているのだが、シングル「四次元」との間隔をもう少し開けたほうがヒットしたかなあとは思う。周知のとおりこのアルバムは文句なしに名盤なのだが、時代というのは怖いもので、このアルバムとコウダクミのベストの差がわずか5万枚!って2つのアルバムのクオリティの差を考えるとやはりエイベックスの水増し作戦・順位操作は恐ろしいと考えざるを得ない。シングルでもハマさんがそれで無理やり1位になったしねwww 
 
スポンサーサイト
  1. 2005/09/27(火) 23:23:07|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドルジTUEEEEEEEEE

今日は動き回ってた昨日とは一転、風もすごく強そうだし外にでんのやだなーと思って引きこもる。そして千秋楽をマターリ観戦。見所はやはり琴欧州またはカロヤン(本名)とドルジの優勝決定戦。ていうかへたれ大関2人がこの2人に勝てるとは思えないのでやはり舞の海秀平氏の予想と同じく2人ともきっちり2敗をキープして決定戦、大一番!!となると思っていた。そして予想はそのとおりになる。それにしても、少しは大関(日本人)に抵抗して欲しかった。特に栃東(バルサのデコwww)がドルジに当たった瞬間腰砕けしたのはあんまりだった。あの内容を見てなんとなくドルジに流れが傾いた気がした。だって笑ってんだもん・・・そして案の定決定戦も緊張で動きの硬いカロヤンを圧倒。やはりドルジTUEEEEEEEEEEEEEEEEそれに加えて国技なのに日本人力士YOEEEEEEEEEその後日本人の強さはマラソン、ボクシングで発揮されたわけだが正直(゜∀゜)ドウデモイイ!!特にウジテレビの中継の仕方がありえない。工夫のかけらもなく、宣伝でほとんど水増しの最低のスポーツ中継。ジョン・カビラでも連れてこいや。
映画「ローレライ」
久々に邦画というものを見る。第2次大戦も終結に近づき、日本の敗勢が濃厚になってきた1945年にある潜水艦が極秘で米軍が日本攻撃の拠点としている島に向かって進撃していた。その潜水艦「ローレライ」にはある特殊な装置があって、それをつかって深海でも相手の動きが手に取るようにわかるようになっていた。しかしその装置には人間の女性・パウラ(演じてるのがハーフの香椎由宇。なかなかイイ)が使われており・・・というなんともSF的な設定と昔のミリタリーものを思わせる古臭い軍部とかの設定があまりマッチしてないのは気になるが、それ以上に日本映画のクオリティをはるかに超えた戦闘シーンは圧巻。出演者もうまい役者がそろっており(妻武器のぞく)なかなか見ごたえがある作品。極限のドラマを描いた潜水艦ものではこのほかにも良い映画が多く、自分としては「クリムゾン・タイド」や本作のように内部で仲間割れ・分裂がおこり、艦長の座をめぐって覇権争いをするようなタッチのほうが好き。その他原子力潜水艦での放射能漏れの壮絶な恐怖を描いた「K?19」とかドイツ製の傑作「Uボート」が面白い。
「ファンタスティック・フォー超能力ユニット」
期待はずれ。それ以外内容について書くことも特に見当たらないけど、宣伝に使われていたこのフレーズだけ印象に残ってる。
「ファンタスティック・ゲイ、FOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!」
はいはいワロスワロス。巨根のレイザーラモンHG(住谷)、乙
  1. 2005/09/26(月) 01:18:57|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

今クールはあたりが多い

タイトルにあるとおりドラマの話。今電車男最終回の途中。しかし正直もうラストには興味がないので実況板に張り付くも鯖が完全にブッ??ということでブログでも書いとけってことで。今朝は隣の糞チュン留学生が朝早くから大騒ぎしたせいで9時に起きてしまった。しかもあまりにもむかつきすぎて部屋の壁をぶんなぐり「黙ってろ、くそ三国人が!!」と隣に聞こえるように言った。そのせいで手の甲に包帯を巻いているのだが(ノД`)その後仕方ないので2本連続で映画。その後だらだらザッピングして、琴欧州の12連勝とドルジの安泰を見届けた後電車男最終回に至る。正直最終回に近づくとドラマというのは雑になる傾向が強く、今クールの高視聴率ドラマでもやはり「ドラゴン桜」と「電車男」がそのようにぐだぐだな感じになってしまった。映画だとラストのできだけで名作・良作になる可能性は高いがドラマの場合はじめから中盤にかけてみるものをきちんと繋ぎ止めるような展開力がないとそのうち誰も見なくなりせっかく最終回に力を入れても結果として数字が取れない、惨敗ということになるため映画のようにラストに盛り上がりを作らず、今日のようにただだらだらと今までのダイジェスト版+お決まりのハッピーエンドという感じでしらけてしまう。ま、おれは豊原ちゃんにいつもどおり笑わせてもらったのと白石‘陳釜美鈴’美帆の意外な名演技ぶりに萌えたし、しかもなぜか美咲タソの情熱的ディープキスもモザイクで余計エロくみえたり、サンボマスター出演と近年では出色の恋愛ドラマ(できは別として)だったと思う。ていうか毎回思ったけど小栗がつくるAAが凄すぎるww実は最終回の出来に関してはドラゴンのほうがもっと微妙で、細かい話だが合格した2人が1年からなぜ本郷で授業を受けているのか?とか山下が司法試験受けるとかいってるなら最初から東大理1の受験は無駄では?とかアラばかりがめだった。サエコのかわいさと阿部寛のかっこよさにめんじて許すけどw
映画はまた今度に、って、ちょ、電車男、クライマックスだし!!

  1. 2005/09/22(木) 23:16:49|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

男だけだと(ry

今日は夕方前髪(ていうかDTに改名?)に誘われて飲み。予想どおり遅れて行ってみたら男だらけ。二郎ヲタが健康に反して久々に深酒しとる。そんなに飲む気もなかったが男だけだとやはり下へ下へと話が向かう。当然DTネタもあり。包茎(上野クリニック!またはセーター)ネタもあるしで下ネタ合戦へ。コテージの話もちょっとした。企画はフェリクスがちゃんと考えているので俺たちはちょっとしたサプライズ企画とかを考える。無論実現されてほしくはないがww誰かが女子にむかって「バッ((^Д^))m9」とかそういう次元の話。しかも重大な事実が発覚。じつは今日きていた中でDTをすでにこの夏卒業していた方が・・
ま、名前は伏せておくけど。今日の店のゲソ(゜Д゜)ウマーって関係ないかww(a・・・)相手はしかも結構年上のお姉さまらしいし。うーむ、ちょっと夜とかいろいろ楽しそうだぞ。ま、そんなこんなで。しかし今日は女子がいなかったからか( ・∀・)がせっかくの中国いったお土産話もせずちょっとおとなしかったぞ。ネタもっと提供汁、ネタ要因。なんかちょっと28からの旅行も楽しみになってきた気がする(のか?)
  1. 2005/09/21(水) 01:53:17|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何しよっか?

タイトルどおり、なんにもすることがない。というかしたくない。ま、今週からまたバイトとかいろんなことを再開させようとは思うが。古いゲームにはまってしまった。FF7・・・これにはまると恐ろしい。インターナショナルバージョンなのだがすでに5回もクリアしてるのにいまだに蝶凶悪な隠しボス「エメラルド」と「ルビー」が倒せん。っていうかなぜ今7なのかというと、今話題の映像作品「ファイナルファンタジー7
アドベント・チルドレン」をDVDで見たからである。戦闘シーンのCGは美麗の一言で、はっきりいってあの大赤字になったハリウッド製の糞映画は軽く超えるクオリティであることは間違いない。7をおさらいするか、公式サイト見ないといまいち話に入っていきづらいかも。実際話は単純だし、セフィロスよりクラウドよりヴィンセントがかっこいいのはなんか変。新キャラの3人もあまり好きになれない。ま、相変わらずティファの蝶巨乳(´Д`;)もより強調されていた(顔がふけた??)し、日本のCG技術のすごさは分かる作品ではある。なんかかなり売れてるみたいなんで、映画の時のように会社が一個つぶれたりすることはないだろう。
映画
「シークレット・ウィンドウ」
今をときめくジョニー・デップ主演のミステリー。だいたいスティーブンキング原作の映画はこんな感じにすぐに結末が読めてしまうのが不満。ま、デパルマとかがつくったらさすがにもう少しひねって分かりづらくはするとは思うがwwストーカー役の俳優(コーエン映画の常連のジョン・ターツーロ)のねちっこさが印象深い。意外にもラストがハリウッド映画的なハッピーエンドでなく少しダークな感じ(死体が眠る畑からの・・・とうもろこしを食べてますね)なのは○
「TATARI」(1999年版)
たたりとはいってもあの昔の「たたり」とは無関係で、1957年の「House On Haunted Hill(邦題「地獄へつづく部屋」)のリメーク。無論B級ホラーのスタジオ・監督によるものなのでまじめに見る気はなく、どういう残酷表現で「怖がらせようとしてるかな??」と映画そのものより監督の熱意を推し量りながら見る。ダークキャッスルの制作したB級ホラーのなかでは一番真剣に怖い。というか激グロOTL 特にプロローグの精神病院での麻酔しないままでメスではらわたパックンチョとか、看護婦が「食べられ」たり。無理にどんでん返しを狙ってるようだったけどあまりにもストレート杉wwむしろもっととことん精神病院に巣くう残酷な悪霊による流血・心霊現象オンパレードにしたほうがずっと怖くなったと思うし、最近じゃその流れで「呪怨」「ノロイ」のような内容よりどこまで「怖がらせる」かということにこだわった究極のホラーのほうが売れるのにね。

  1. 2005/09/19(月) 00:00:07|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

だらだらし放題

なんか、ようやく休みって感じ。いままでが忙しすぎたのかも
とりあえず、CD買ったり、映画も見放題。
気になった音楽。やっぱリップファンの自分としては初のベスト盤「グッジョブ」を買ってしまった。M?flOとどっちにしようかと思ったが、やっぱりベスト盤だし、思いいれの違いということもあって。中学3年の冬に「Stepper'sDelight」を聞いて、なんかすげえ(・∀・)イイヨイイヨーと思ってから雑念、One、ファンカスティック、楽園ベイベーと聞きまくった。しかし爆発的な勢いはその辺までだったとは思うが、ベストを聴くと最近もその頃の曲と負けず劣らず良曲を作ってるんだなあと感じる。DJFUMIYAのバックトラックはすばらしすぎると思う。個人的にはふみやかソールドアウトのシンノスケかってくらい。ラップというものであれば自分は洋楽のほうが好き。アウトキャストとかエミネムとか50セントの畳み掛けるライムはすごいと思う。でも日本人として、やっぱりJラップだったらポップな音楽としてラップを「聞かせる」のもありだと思う。自分的には黄昏サラウンドとOneが最も好きだった。
映画
「コンスタンティン」
キアヌ・リーヴス主演のホラーアメコミ「ヘルレイザー」の映画化。
マトリックスでの完璧なヒーローとしてのキアヌより今回のような肺がんなのに一日に30本もタバコを吸い続け、自殺を志願し続けるアンチヒーローのキアヌのほうがずっと似合っていた。作品自体もゴシック調の映像に過激なアクションが映えており細かいことをのぞいてとても楽しめる出来だったし、悪魔退治のための奇妙な武器の数々も楽しい。できれば続編を作ってほしい。そのときは一作目よりアクションをもっと強化して欲しいと思う。
「フルメタル・ジャケット」
故キューブリック監督の代表作の一つ。この監督の「時計じかけのオレンジ」は大好きな作品なのでこの映画も期待していた。この映画の前評判は「悲惨」とか「残酷」とかそういうのが多かったが序盤から笑いっぱなしだったwなにしろ2ちゃんでもAAキャラにまでなっているハートマン鬼軍曹のしごきがたまらないwww
名台詞「じじいのファックの方がまだ一生懸命だぞ!!」
とか「貴様らは父親のマラからでる汚ねえカスが母親のマンコのスキマからたまたま入って産み落とされたウジ虫だ!」
「貴様のタマを切り取ってグズの家系を経ってやろうか。デブ!!」
劇中、デブと呼ばれた気弱な男がいて、当然この軍曹にしごかれまくる。あまりにも厳しすぎてこの軍曹が憎めない。しかしせっかく卒業となったその日に「デブ」の怒りが爆発。7.26ミリ弾をトイレで軍曹にぶち込み自分も脳みそを吹き飛ばす。その後それぞれの海兵隊員がベトナムの戦場へと向かっていく。しかし本当にその後は悲惨の一言。無理にドラマティックに表現しようとせずリアルに戦争というものを描いていて、緊迫感がたまらなかった。特に兵士の後をひたすらカメラが追いまわし、突然地雷で吹き飛んだり、一人を助けに行こうとして何人もが姿なき相手に撃たれて苦しんだり。しかも敵の狙撃手が普通の女の子でその子を戦友を撃ち殺された憎しみからめった撃ちに(しかも撃つことすら怖がっていた新米が。撃った時の薄ら笑いがコワすぎるw)するなど、どちらが悪いともいわない。ただ明らかなのは戦争では人が死ぬってことだけ

 
  1. 2005/09/16(金) 00:43:51|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

経済もようやく終わり(´?`)

なんというか、何かをやり遂げた気分というよりは、純粋にうれしい気持ちでいっぱいだ。そんなテスト勉強で疲れたって気もしないし。ただ怠けてたってのもあるが。ただ、3つともある程度単位は取れる気がする。これで冬学期の6つのテスト(地獄!!)もそれほど気を張らずにのびのびできるだろう。さて、これから1ヶ月の秋休みである。さっそくあさってから旅行。その前に明日は、久々に調査に行き(2枚なので早起き必須)、家に帰り、Jを見て、飲み(むろん一次会で終わりだが)という青写真が出来上がってるわけだ。
(ノ?`)о〇(しかしなんで明日の日記を今書いてるんだろう?)
  1. 2005/09/10(土) 02:00:27|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夏の思い出

なんと8月4日以降1ヶ月ぶりの更新(笑)ということで、夏の思い出、といきたいが、なにしろこの夏は忙しかったな。というのも免許はあるは、9月に経済のテストがあるわで休んだ気がしない。地図もまったくできず、遊びにもあまりいってないので、金はたまりもしないし減りもしない。夏休みって感じではなかった。隅田川の花火大会の後、主だったイベントといえば
10日 帰省(別に特筆すべきことは何もないが)
17日まで青森で生活。フジがない。だからどうってことはないが。とりあえず世界陸上とかでぐだぐだつなぐ。ある意味義務的な感じもあるが、うまい飯が食えるし、ご飯を3杯以上食べられる(T∀T)というメリットもある。あとは食費も浮くしw後半になると、経済のことを考え始める。今考えると実家で勉強した内容はいまいち頭にはいっとらん。つまり意味が(ry
しかし16日に予想もできない事態が襲う。宮城県沖でマグニチュード7・2、震度6弱の大地震発生。死傷者多数・・・(プロジェクトX調)
ということはさておき、この地震の最大の影響は普段ならフーン(´ヽ`)程度にしか思わない地震による交通の乱れ。このせいで17日は大変な目にあう。17日は2時に出発して夕方までに東京に着き、イラン戦を家に帰ってマターリと見ようと思っていた。さすがに遅れが出ても、7時までには東京駅について途中からでも・・と思ったが、まったく考えが甘かった。誤算だったのは、まず予約した新幹線が来ないこと。つまり立ちっぱなで東京まで4時間以上OTL腰にも足にもチンポにも影響するんだなこれが。さらにイラン戦が始まる7時はおろか東京駅を目前に一歩も進まない新幹線、ていうかただの鉄くずwいらいらとあせり、空腹でむかつきが止まらず、しかも近くにいた赤ん坊が泣きわめく。地震、まじで氏ねと思った。あと対応しきれないごみくず、じゃなくて国鉄もといJRは謝罪汁!!俺の加持さんのスーパー(実際はごっつぁん)ゴールと日本の勝利を共有できなかった悔しさよ!!まあそんなこんなで東京に戻った後、再び忙しく。修了検定も終え(1回目に所内の道を間違えるという大失態ww)いよいよテスト。その前に彼女と約束してた恋するハニカミIN東京ドームシティ。普通に後楽園おもすれー!!実際富士急かここかってくらいの絶叫マシーンの充実ぶり。とくに最後に乗りたかったメインのサンダードルフィン!!まじでヤバス。東京ドームより高い位置から時速130?で垂直落下して、その後上昇、そしてなんどもスウィングしたあと、小さな建物の穴を潜り抜けて急降下したあと急上昇ってもう何がなんだか。普通に着衣がセック(ryのあとのように乱れていて、このコースターの凄まじさを物語る。めがねなんて鼻のあたりまで下がってたしw最後にデートプランを書いた手帳を交換するの忘れたけど、まあ近いうちにいく旅行でなんとかなるか。その前に9月に入って成績表。駒場の必修二つとも優キターヽ(゜∀゜)ノバンジャーイ
しかし今日から経済が始まった。しかし単位をとるという意味では今日の二つは問題なしだと思う(希望含有)あとは、ミクロ・・・(´Д`)ニゲラレナイカシラ・・・とりあえずやるだけやるけどねw




  1. 2005/09/07(水) 01:42:57|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ぴかちゅう

08 | 2005/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

script language="JavaScript"> var rf; ref=escape(document.referrer)+""; if( (ref=="undefined") || (ref=="") ){ ref="bookmark";} document.write(''+ ''+ '');
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。