ぴかちゅうのぐだぐだ日記

FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大団円

3月23日。東大韓国語クラス解散の日。そして24日(現地時間では23日)アジアからの参加選手としては初のフィギュアスケート金メダルを荒川静香選手が獲得。なんかうれしいことが重なったような気がする。クラコンはまず予備校に行ってからの参加だったので一次会に遅れる。異様に疲れておりテンションがそれほど上がらなかった。それでも同じテーブルにあのクラコンとは縁遠いはずのゆゆヲタさんとラスティがいたというだけでいる価値はあった。特に馬にヲタ芸やれといわれて、困るゆゆヲタが面白すぎる。ネクタイを鉢巻のように頭に巻きつけるゆゆヲタ(笑)いつのまにか酒もかなり飲めるようになったらしくひたすらにハイテンション。みんな結構飲んでたな。俺は飯がまったく食えなかったので酒ばっかりちゃんぽんしてたので、猛烈に腹痛。なぜか馬と対特ア外交について熱く語っていた気が・・・そして1次会終了。ここでゆゆヲタらがどさくさにまぎれて帰る(実際はこの後ヲタたちと飲みにいったらしい。ゆゆヲタ乙!そして氏ね!!)実際俺もゆっくりフィギュアを見たかったので帰ろうとしたが、これがもしかしたら最後になる人もいるかもなので急いで2次会のワタミに戻る。そこでは1次会以上にやばいテンション。まわりに迷惑かけすぎでしょwwwもうその辺のDQNww注意しに来た店長をさえぎるようにぴしゃりとドアを閉めるわ、珍しくコールでブッつぶれ→ゲロの人続出。俺がトイレの大便器できちんと吐いた間にサイタマが流しでゲロ。ほうれん草が付着して汚い。その後あろうことか幹事のDTが完全に再起不能になり、トイレに入ってなかなか出てこない。そこで2次会が終わり、生き残った余力のある人々(たるま、みつお、ほっしー、災)と一緒にシダックスでオールカラオケへ。入るなり倒れこむ俺。この時は結構気持ち悪かったが、元来カラオケ好きなのでたるまがあぼんした後は適当にローテして歌う。みつおが寝る。そのときフェリクスと崔とと馬が入ってくる。他人の歌ですら歌いたがる馬のおかげでよくも悪くもテンションと音量はアップしてみつおも復活し、以後歌うやつが起きて聴くやつはほとんど寝るという展開。フェリクスさんがうまい。なぜか突然打ってくれるきもヲタもいないのにLOVEマシーンとかさくらんぼとかかかったりしたが、概してまともな選曲内容。みんな乙。そして未明5時に渋谷で解散となった。ほんとに楽しかった。実はクラスというものがこんなに居心地良かったのは初めてだったし、ほとんどみんなと仲良くなれたのも初めてだった。むろんこれが最後の別れではないから涙とかはありえないが、もし最後の別れになったら・・・泣くと思う。
そして疲れはあったが急いでテレビをつけるとそこで奇跡が起きるのであった。なんと最強の2人を抑えて「荒川静香」が最高の演技をして金メダルを取った!!!!!!!!やったー!!表彰台で涙の荒川。そして流れる君が代!!とにかくトリノは散々な結果だったが、荒川のおかげで「記憶」に残るオリンピックとなった。これぞ大団円。そして安心して寝ているとメーリスが。ふみポンのメールなのに内容は恐ろしいもので、悪魔のいけにえとサスペリアを足して2で割ったような内容。もっとも俺には縁の無い話ではあったけど。いや、なんか不可川の糞ヴァヴァアが不可を結構だしたっていうどうでもいい内容。メーリスで送る意味が(ry
そして二日酔いが癒えないままバイト。錦糸町駅トイレの臭いだけで吐きそうになりクリスピー2つも食えない有様。もうこんなに飲むことも無いだろうなww

スポンサーサイト
  1. 2006/02/25(土) 03:21:47|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

マターリと平穏な日々が

うれしいよ。こんなに寝れるなんて。今朝というか午後の3時頃に起きる。メーリスが届いて、その音でおきたのだが腹の減りがやばいのでおきて正解だった。その後ぐだぐだと過ごして、日本対インドを見る。当然のように押しまくる日本。しかし、いつものことだがなかなか点が取れないOTL前半は1?0とかww小野のゴール(ジーコ体制後100ゴール目)も相手のミスに助けられてたし。とりあえずそれ以上にこのレベルの人々と「試合」をしてはいけないと思う。少なくてもワールドカップの敵とはあまりにもレベルが違いすぎるのだから。アメリカ戦と比べるとはっきりわかるがまず中盤でのプレスがほとんどなく、とってもきちんとつなぐことすら出来ないインドwwとったらただ前に蹴るだけか、意味不明なオナニープレイをして自爆するだけ。こんなの高校生レベルでも勝てる。無論試合内容だけで見れば前半からほぼ圧倒しており力の差は歴然だが、サッカーは点数が近いだけで「接戦」扱いになってしまう。前半は初歩的なパスミスなどが多く、おそらく日本はやる気自体が無かったのかもしれない。しかし、後半は完全に守りつかれたインドを虐殺。特に長谷部・佐藤・巻あたりの当落線上の若手が積極的に動いてチャンスを作っていたのが印象的。ていうか師匠とか禿原とか点も取れないFWはこういった若手に突き上げをくらってもう少し緊迫感を持ってほしい。少なくても玉田とか達也はもう消えたかな。ドラゴン久保は当確といってもいいだろう(怪我をまたしないという条件で!)し、海外組の人たちもほとんどが当確といってもいいかも。やはりFKで点が計算できるという意味で俊輔は必要だし、いろんな意味でヒダも必要だよ。いないことでむしろ海外組の貴重さがわかったりもするこの頃の連続試合。
映画「ホステージ」
ブルース・ウィリス主演のサスペンス・アクション。それほど期待していなかったがかなり面白い。今年見たなかでは(あんまりまだ見てないが)今のところ一番か二番。とにかく緊迫した状況を積み重ねていく設定がとにかく面白い。アクションがあまり無い上に、結構えげつないバイオレンスも多いのでアメリカではそれほどヒットしなかったらしいがこれは交渉もの・人質救出ものでは最高の部類でしょ。なんといっても目が離せないし、個々のシーンが際立っているし。意外に屋敷に押し入ったチンピラ不良3人組が強いのも異色を放っているし、2重に人質をとられるストーリーが新鮮(ブルースの妻子とチンピラたちが押し入った家の子供2人)監督は「スズメバチ」のフローラン・エミリオ・シリ。この映画もすでに見ているが密室状況の生かし方とアクションの見せ方がうまかった。ただ、決してアクションは多いとはいえなかったし、圧倒的な迫力とはいえなかった。宣伝するほうも売り方をまちがえている気がしないでもないが(両作品とも、「凄まじいアクションの連続!」とか「弾丸10000発使ったアクションシーンは大迫力!」とか予告で言うもんだからね。どう考えてもバリバリのアクションだと思っちゃうでしょ・・・)
  1. 2006/02/23(木) 02:56:17|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

祝!!経済テスト終了

ついに・・・終わったー!!とにかく疲れた。精神的にも肉体的にもすでに限界に達していた。今日は最終日の会計。とにかく気合は入っていたものの優を取れたかどうかは微妙。おそらく不可は無いので結果としては安泰な部類。不可があるとすれば統計くらいか(相対評価だったからこそ。底点には達している気がしない)テスト終了後、凄まじい眠気にもかかわらず、池袋まで焼肉を食べに行くことになる経済学部のむさい男8人組(笑)一様にテストが終わったことからくる解放感で上機嫌、ハイテンション。特にゆゆヲタのテンションがだいぶおかしい。ほとんど徹夜に近くて眠いこともあるのだろうが、やはりテスト期間の精神的重圧はヤヴァイものがある。眠いせいかあまり食欲が無かったが、予想以上に肉が食えた。しかも安いほうだしうまかった。さすがに飯の後は眠気に耐えきれず、遊びに行くという元気な(つまり勉強量がry)たるま等とそこで別れ家に速攻で帰って爆睡。隣のヴァカキモチュンがなにやらわめいていたがそんなことも気にならないくらいの強烈な眠気。眠すぎて具合悪くなる状態だったのでとにかくなりふり構わず寝た。4時間くらい寝て気分が戻る。久々に映画・音楽が書ける。この「普通」の生活のうれしさよ!!ヽ(´∀`)ノ
映画「ダニー・ザ・ドッグ」
5歳で誘拐され、犬として育てられた殺人マシンが人間性を取り戻していく過程を描いた感動のアクション。リュックベッソンが関わっていることもあるし、音楽がマッシブ・アタックなので映像・音楽ともにしびれるくらいにスタイリッシュ。ジェット・リーは新境地。演技者としても十分いけることは、海外進出後徐々に明らかになってきたが、本作は彼の「役者」としての活躍の中では1番といっていい。いつもと違って超人的なカンフーで相手をねじ伏せるというスタイルからがむしゃらなケンカスタイル、まさに極悪な高利貸しの犬としてみせる残虐な戦いぶりもいつもと違う感じ。脇役がそろっていい感じ。ダニー(ジェット)にピアノを通じて人間として生きる術を伝える盲目の調律士を名優モーガン・フリーマンが演じていてやはり目頭熱くさせてくれるし、対極に位置する極悪非道、まさに人非人としかいえない高利貸しを演じているのは憎たらしいくらいに仇役がうまいボブ・ホスキンスさん。この配役だけでもベストチョイス。特にこの悪役はリュックベッソン名物の許せない悪役で、ダニーの母親は売春婦だといって嘘をつくわ、本当はピアニストだった母親に金を貸してそのかたとして毎日レイープしまくり、挙句の果てには逆らった母親をあっけなく殺してしまう。そしてそのときに家にいたダニーを捕まえ、首輪でつなぎ徹底的に殺人・暴力について叩き込む。そして汚い仕事はすべてダニーにやらせて、少しでも失敗するとダニーを苛め抜く・・・ピアノの調律士とその娘と幸せに暮らしているダニーのもとに忍び寄る極悪集団が迫ってくるあたりは寒気がするほど緊張感があるし、格闘シーン全般がリアルファイト的(結構痛々しい)で乙。意外にラストが泣けるし
音楽「SPACE SONIC」ELLEGARDEN
ヤヴァイくらいにイイ(・∀・)!!音楽が久しぶりに快感なものであると認識した。とにかく音がいい。ライオットオンザグリルという神アルバムから引き続いてこのシングルも素晴らしくて、いまや個人的には一番好きなアーティストになったかもしれない。



  1. 2006/02/22(水) 01:57:28|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

普通に駒場返しは避けられたと

テストは前半の4つが終了。今のところ不可ったかなと思ったのは今日の統計。前日、一睡もせずに勉強したのにまったく解けないOTLむしろ強烈な眠気が襲い、頭が働かないため逆効果となって計算にも時間がかかる。出ると思っていたところがまったくでなかったのもショックが大きいが途中点もくれるなら4問くらいは点数をもらえる(うち、2問しか完解していないけど)はず。ただ周りの人も悲惨な感じだから相対評価でなんとかなるかも。ていうか下駄はかせなかったら何人が犠牲になるんだ?現代経済と統計は単位がくれば儲けもの程度にしか考えてないので(これでも9個中7個でおk)プレッシャーはないのだが。自信があるのは、経済史とマクロ。前期は原論で優きた時になんとなくそんな感じの手ごたえがあったのでこの2つは優が期待できそう。企業経済は知らん。周囲で受けていた連中の退出早すぎwww30分でできるはずも無い問題が並ぶ中30分経過後一斉に退出wあの悪名高き糞こばやしさんも舌打ちをしてこの惨状に不満を漏らす。ていうか試験監督なんだから少し威圧するのを止めたらどうか。人間として平生から威圧感を示さずにいられない低人格者だとは周知の事実ではあるが。松島さんの内容は一応ゲーム理論は完璧に出来ている(特にエルスバーグのパラドクスは事前にノートを読んでいて助かった)し平常点の比重が大きすぎるので不可は無いでしょう。この後は会計・現代経済。いずれも論述問題というよりは語句の暗記のウェイトが高い。現代経済は優狙いで可・良くらいがくる感じだし、会計は優を狙うので今日から、あと2つに向け気を緩めずに行くぞ!!
  1. 2006/02/18(土) 02:31:41|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

あきらめたやつから消えていく気がする

あと3日。しかし今日はバレンタインの日ですた。彼女にはチョコと一緒にもっとがんばろうっていう強いインセンティブをもらった気がする。別にテストの話はしなかったけど近況についてとかいろいろと。ま、春休みになったらもっと会えるかな。会計と統計の過去問に手をつけてみるもなんか解けない。範囲がちょっと違ったり教官が違ったりするので解けないものもあるに決まっているのだが、なぜかまだ勉強量が足りないと自覚するものがある。とにかく、「不可」だけは避けなければならない。そう願うだけ。
  1. 2006/02/14(火) 03:44:45|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

アメリカとは点差以上の開きが

今日は昼頃に「日本対アメリカ」を観戦。試合は開始直後から日本が積極的にプレスをかけ、家事さんとかがシュートを打つ。しかしこの時点で1トップの久保の動きに切れが無いことは明確。シュートすら打てないドラゴンなんてイヤだ・・・やっぱ腰の具合また悪いのかな。「こし、いだい。ちょういだい」なんかな?そしてアメリカの全体での怒涛の鬼プレスからの一方的な展開。結局あの家事さんのミドル以外はシュートを打てず、しかも17本も打たれて2失点。特に2点目のアメリカの流れるようなダイレクトプレイには唖然。もともと曲者的な印象が強かったアメリカだが、素直にこのチームは強い。攻守にわたる選手たちの献身的なプレイが際立っていた。一方ジーコジャパンは調整具合が悪いのか体調が良くないのかそれとも日ごろの走りこみが足りないのか全体的に動きが悪い。特にボールへの反応が悪すぎるし、今日のボランチ(遠藤、福西)はさっぱりフィルター・前線との潤滑油の役割を果たせず、あの前半の一方的な展開を招いた。3バックの入ったいつもの人たちもノーマークの人物を作りすぎだし、パスやクロスへの反応がだいぶおかしかった。特に調整不足とは言え中澤のミスの多さにちょっとガッカリだった。しかし彼は試合終了間際にゴールを決めてきっちり帳尻を合わせるあたりがさすが攻撃性能は抜群なCBで、本番ではかかせないピースであることは確か。しかし、収穫といえば
1 巻(ジェフ)は高さと強さというオプションとして使える。しかも決定力もある。控えのFWの選択肢の一つになりえる。佐藤寿人君は結局Jレベルですな。
2 長谷部の積極性は本番での隠し玉的な使いかたもできる。というよりガチャピン遠藤を23人にいれるよりは長谷部のほうがベターだという印象
3 ゾノさんのピッチ解説(・∀・)イイ!!
4 テレ東の中継乙。テロ朝やめてこっちでW杯やって欲しい。
5 アメリカ・チェコ・イタリア・ガーナのEグループはやばい。死のグループ(Cもやばいけど、下手するとアルヘン・オランダの2強体制が築かれかねない。一方こちらはアメリカという存在が2強体制を築かせず、波乱を生む台風の目になりそう。
仮想オージーとして今回やったらしいがアメリカは確実にオージーより強いはず。ただ、策士のヒディンク力をミックスすればこの考えは当てはまらず、最悪の場合一勝もできず一笑にふされることなんかも・・・

トリノ・・・日本の選手が例年になくメダル取れなさそうな悪寒。
関心はまったく無いし、早くワールドカップ・チャンピオンズリーグ始まって欲しいと思う今日この頃。テストの方は全教科で一通りやった。後は抜け落ちがないようにあと1周するつもり。


  1. 2006/02/12(日) 03:49:26|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

あと1週間ですね

あと1週間後に試験が始まることになった。日程は過去ログのどっかにあったはず。とりあえず試験日直前になったら試験対策スレにでも貼りなおすだろう。とにかく量が多い。特に統計がハンパ無い。覚えるだけでも大変な公式が大量に。13章もあるのはどうかんがえても異常でしょう。とにかく今回のモットーは心を砕かれないようにして最後まで遣り通すということに尽きる。とりあえず宿題は終わったので明日あたりに提出しようかと思っている。で、バイトまで本郷でマクロと統計あたりをみっちりつけこむか・・・(?Д?)=3ハァーー
  1. 2006/02/09(木) 23:02:32|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

量がハンパないれすね・・・

今日もいつもどおりのルーティンをこなす。基本的に単調な生活には慣れているのでこれはこれでいいのだが、苦しいのは勉強が長時間続かないこと。2,3時間やるとたいてい途中で気が散るし、眠くなるので基本的には経済→ゲーム→経済→ネット→(ry
で、ダージュオブ・・・のほうもなかなか進まない。攻略本見ながらなのでポーズの嵐。神羅ビルの敵つえええええしUZEEEEEEEEE
で、今日もお日様見てない。ていうか雪だったらしいね。外の寒さが壮絶なので積極的に出る気がしない。それでも明日は本郷に行かなくては・・・メンドクセー
  1. 2006/02/08(水) 01:21:45|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

みーんな、やってるかー?

タイトルは同名の日本映画(超のつく駄作wwww)にちなんで。一応たけしとか内田裕也が出演しているひどい映画。別に最近見たわけではないが、テストが近くなってくるとほとんど人と顔合わせることが無いので「みーんな勉強やってんのかなー?」と思ったりしているわけだ。まわりのやつらのブログ読むとやっぱ4学期だけあって必死にやってる人が多いという感想。じぶんとしては周りが必死なほど危機的な状況ではなくてもよりがんばれるので、今日なんかも統計や現代経済といった不可りそうなモノを中心に自分をひたすら痛めつけていた。これからは深夜のネットツアー(笑)もやめておこうと思う。次の日の目覚めが悪い。しかも、最近数日間は驚くべきことに「お日様」を一回も見ていない。おきてみるともう4時とかで、しかもカーテンも開けないで電気をつけて勉強とかゲームとかで・・・つまりは短期的にヒッキーやってるのと同じ状態。よく言えば勉強のための山篭りみたいなwww
悪くいうと単なる引きこもりですが。で、飯を買いにコンビニ行くともう顔なじみ状態のいつものデブ店員(今日はこいつからピザまんを買ってやったのだが、ピザまんって頼むとき笑いをこらえるのがつらかったwww)がいる。すっかり外は暗くなっている。夕飯のタイムが8時とか9時なのでこうなる。ただ、明日か明後日に新しい寮に入るための申請書を本郷に提出しにいくので、その日晴れていればお日様が見れるかな・・・
ゲーム「ダージュオブケルベロス ファイナルファンタジー?」
ムズイ・・・難しいぞ!!FF7のヴィンセントが主人公で進められるガンアクションもの。本家のセブンのまったりしたATBバトルとはえらい違いで、こっちが相手のモンスター(こいつらが超グロ。虫、内臓丸出しクリーチャー系)の特徴とか弱点考える暇はほとんど無い。なかなか進まないので、気分転換にもなりやしない。しかもぐらぐらとゆれるカメラワークに吐き気ももよおす。しかし、こういう難しい作品ほど中毒性が高いため放棄する気にはならない。今までFF関連・DQ関連はすべてコンプリート(隠しボス・最強の敵・ミニゲームをすべて制覇)してきた自分としてはこれは絶対クリアしてやるぞと思っている。なんかコレやってると名作「パラサイト・イブ2」を思い出す。あれも最初やったときはかなり参った。とにかく映画見るより怖い。グロい。操作性が難しい・・・でも相当はまったな。特にデッドリーモードはやばかった。ユーザーは相当マゾになる気分。いや、逆に主人公のアヤ(イイ女)がもだえ死ぬ様子を見るサディストかww序盤からゴーレムさん(あの消えるやつはいやすぎる)たちが襲来するわけだから、もう耐えられん。これだけはストレス解消気分で「リプレイモード」してクリーチャーどもをばっさばっさと撃ち殺しまくり。バイオよりは簡単かな。クロックタワーとディノクライシス、タイプ違うけどドラクエ2、7よりは簡単かも。こう考えると俺はアホみたいに難しいゲームしかやってない希ガス。ファミコン時代も魔界村とかマリオ2とかでマジギレしてた記憶がある。ゲームも勉強も難しいほうがより打ち込めるのかもね。
  1. 2006/02/07(火) 02:37:04|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

テスト近いってば!!

今日は未明までフジで入ってた「トータル・リコール」を見ていたため思いっきり遅く起きる。確か午後3時くらい。この映画は俺の大好きなSF映画。ていうかフィリップKディックの原作ものではコレのグロさ・はじけっぷり(監督はスターシップ・トゥルーパーズやロボコップのヴァーホーヴェンさんだからなw)とブレードランナーの圧倒的な完成度がたまらない。何回も見ているためもう次にどんなシーンが来るかわかるのだがそれもそれでオモシロス。で、そんなことを言ってる場合では無い。テストまであと11日だぞっ!!とりあえず落とすとすれば統計か現代経済かその両方か?それでもなんとか駒場返しは避けられる。できれば1つも失いたくないが、最悪でもこの2つ以外の単位は確保したいと思う。ていうか現状ではとれる確率のほうが高いとは思うんだけどね・・・
  1. 2006/02/05(日) 03:42:30|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一日の大半が眠いんだお

眠い!!なぜだ??風邪はどうやら治った(というか初めから風邪だったかどうかも疑問)らしい。熱は平均して36度5分くらいを推移している。風邪薬のせいか?猛烈に頭が重く、集中して勉強することがほぼ不可能である。それはあと2週間だからいいとしてこの体調不良の原因が気になる。食欲もないし、また最近やせてきつつある。まさかストレス?自分はテスト前でも特にゲームやら映画やらを止めて苦行をするタイプではない(受験直前もそんな調子だった記憶がある)から急にストレスがたまって体調を崩すことなどありえない。現にそれほど緊張してないのだから。やっぱ、疲れだと思う。いや、そう思うことにしてとにかく眠い時は寝ることにしよう。
映画「レイクサイドマーダーケース」
世界的に注目されている青山真治監督のサスペンス。急遽ウジが三谷幸喜の能無し野郎(個人的に嫌いなだけ。才能は実際あるとは思うがラヂオの時間以外許せない)の映画を無理やり入れ込んだためDVDで見ることにした。山奥で行われる中学受験前の3家族の合同合宿。しかし、そこで親たち、そして怪しげな連中が絡むどろどろの殺人劇が繰り広げられる。死体描写がえげつないせいかR?15指定らしいが別にグロくも怖くも無い。ただオッパイ丸出しなだけww特筆して面白いということも無いが、日本映画のシュチュエーション系のスリラーの中ではよく出来ている。この監督の最新作「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」も注目している。なんといってもかわいすぎる宮崎あおいの新作である。彼女が出ている「ギミー・ヘブン」も気になるし、激グロな予感の手塚眞監督(手塚治虫の不肖の息子ww)の大怪作「ブラックキス(シンクロニシティ)」のぶっ壊れっぷりも楽しみだ。こうやって考えると邦画の注目作が今年は多そう。反面、超のつく駄作(デビルマン、北京原人、さよならジュピター、シベ超等のごみを超えた超廃棄物映画。腹は立たない段階にきている)も多いのが邦画だから不安にはなるのだけど。
  1. 2006/02/03(金) 02:41:54|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

第二関門も軽々と

今日で2つ目の関門もクリアした。後は経済。はなからこれが最大の難関だと考えていたので気の緩みなどは特にない。で、今日のテスト。まず、必死なやつらが面白すぎる。ただ、これは傍観者として静観できる立場にいるからこうやって笑っていられるわけで、留年・認定試験の瀬戸際にいる方々(とはいえマイノリティだけどなww)はとにかく真剣。ていうか緊張と絶望が混じったような感じ。で、鬼教官がやってきてテスト配布。ところがここで予期せぬアクシデントが発生。なんとテスト用紙が足りない。要するにこの糞ヴァヴァアはこんなに玉砕覚悟で受けに来るやつらが多いとは思わなかったんだろ。真剣にテスト受けるテンションが下がったわ。まじで。結局テスト用紙を5枚ほど追加で刷りに行くためヴァヴァアが退出(普通、こういう時のためにTAがいるんじゃないのか??)。席もビチビチくっついてるし、席順はめちゃくちゃ。厳密性が皆無なやる気なしテスト。案の定カンニングがまかり通る。ま、別に俺はどんなに見られても関係ないからいくらでも解答を見せたけど。予想以上に問題が多いが、教官が事前に脅したほどの難しさは感じられない問題ばかり。空欄も無くきっちり出来た。おそらく間違ったとしても最初の発音の所くらいでしょ。ま、単位云々の問題でもないのでなんら結果が気になることもないが。コレが優だからって将来的にはなんらアドヴァンテージが得られるとは思わない。ただ、精神論的に判断して1年からオール優をとる教養の教科が一つくらいあってもいいかと思って一生懸命書きまくったわけで。この後やけくそ気味のDT(もう卒業したとは思うけどwもう愛称化しとる)が飲むとかいってたけどとてもそんな体調じゃないので断念。まぁ体調良かったとしてもドシャブリだから一旦家に帰るともう出たくないというのが本音。飯、薬、爆睡!!そして今に至る。経済・・・今日から本格的にやんなきゃな。

  1. 2006/02/02(木) 03:41:20|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ぴかちゅう

01 | 2006/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

script language="JavaScript"> var rf; ref=escape(document.referrer)+""; if( (ref=="undefined") || (ref=="") ){ ref="bookmark";} document.write(''+ ''+ '');
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。