ぴかちゅうのぐだぐだ日記

FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

近況です

今日にしても昨日にしても起きたのが4時とか5時で完全に生活リズムが壊れトル。昨日はボスニア戦があった。前半は相手が引き気味に試合を進めたおかげである程度いい感じにボールをまわすことが出来て、チャンスも日本のほうが多かった。そして俊輔の正確なコーナーに強敵相手には点を取れないことが多い高原がヘッドであわせて先制。しかし、後半。ボスニアの荒っぽいサポが発炎筒を大量に爆発させ轟音が絶えず鳴り響いたあたりから形勢は一気にボスニアペースに。おそらく相手がガチになったのだろう。目の色変えて猛プレスをかけてくる。こうなると攻めることができないジーコジャパンクオリティ炸裂。特にHSV所属(つまり高原の同僚)のキャプテン・バルバレスを中心にしたゴール前での崩しがきれいすぎて、このワンツーと相手の強いフィジカルにDFが耐え切れず、ついに相手にPKを与えてしまう。これはアウェイに近いことを考えると仕方なかった気がするが、良くなかったのはこのPKで一点を取られた後。相手の勢いに押されてズルズルとさがるライン。サイド、特に左のサントス(失笑)が裏を容易に取られてしまうため精度の高いクロスが良く上がる。加えて中でもドフリーの選手が多すぎる。相手のシュートミスが多かったからいいもののあれがすべて決まっていたら(むしろ、決まることのほうが多いケースであった)試合にならなかったであろう。その後敗勢濃厚になったロスタイムにボスニアのDFの不用意な時間稼ぎが逆に日本にとって追い風となり、またもや俊輔のクロスから最後は久しぶりのゴールとなるヒデのダイビングヘッド!ゴール直後試合は終了した。しかし選手にも、ベンチにも笑顔は無かった。当然である。まず、引き分けとか負けだとかそういう結果が目的ではない試合だったのである。「内容」がもっとも大事な試合。仮想「クロアチア」として格好の相手であるボスニア戦で、如実に現れたのは得点のパターンは相変わらず俊輔のセットプレーがらみ、俊輔のクロス・・ってもっとバリエーションが欲しい。本番に向けておそらくヒデと俊輔のあたりはマークがきついはず。もっとオプションが欲しい。それを試すべきなのに松井を含めた控えをなぜ使わないのか。控え枠が6つもあったというのに。守備に関してはこのままじゃガチでやばいと思う。特にマークが外れやすいためフリーで打たせすぎてる。川口さんの神がかりセーブに期待するのはやめてほしい。彼は昨日のハンブル(2点目の原因)のようにポカも多く安定感が無いからだ。もし調子悪い時に宮本初めとした守備が穴だらけだったら虐殺もありえる。特にブラジルなんかもう・・見てられない血の海になるだろう。しかしこういった課題がはっきり見えたということは逆に本番に向けていい練習試合になったと考えてもいい。できればフィンランドとかアフォみたいな雑魚とやるよりはこういう中堅?格上の国とやっていって欲しいところである。
映画「ブレイド3」
大好きなブレイドシリーズの完結編。しかし・・・煮え切らない。うーーー!!原因としては邪魔な脇キャラが多すぎる。ぶっちゃけウィスラーの娘役のジェシカビールだけでよかった。もう一人の男はうざいだけだし、せっかく出したんならもっと有効に使えよ。ただ敵に捕まって拷問される役(しかもこの前にボスに杭で刺されて大怪我・・・)まわりじゃ意味ないだろ。ブレイドとボスキャラのバトルに関しても、前作のノマークとの壮絶な肉弾戦を知っているものとしてはあっさりしすぎていて不満。なんか無駄な味付けが多すぎる大味な印象が残ってしまう。そもそもブレイドのよさは、あのブレイドの一匹狼的なところで多少脇役の助けは映画的に必要であるにせよ、今回のように「共闘」されてしまってはせっかくのアクションの盛り上がりも台無しである。
「ネイムレス 無名恐怖」
原作はイギリスのスティーブンキング(と呼ばれるらしい)ラムゼイ・キャンベルの「無名恐怖」。かなり怖く救いない作品だったと覚えているが、この映画版も相当嫌なものを残してくれる。冒頭から少女の死体シーン。この腐乱死体のやばさがハンパ無い。色やぬめり具合がリアルすぎる。時折インサートされる少女の断末魔の映像や蜘蛛の映像などにいちいち驚かされるものの、その後は普通のサイコホラーになるかと思った・・・しかし単なるカルト教団による少女誘拐殺人かと思ったらそうではなく、母親や事件を追う刑事のように見ているほうもはめられた感が相当強い。そして、ラストに明かされる「本当に残酷なこと」が悲劇的だし、相当嫌な余韻を残す。にしても刑事さんとか母親の元恋人とか協力者(というよりはめられたうちの一人)の雑誌記者といい見せ場なく惨殺されてちと気の毒。いきなり子供たちに腹切り裂かれるあたりはいまだに忘れえぬ恐怖。やばいトラウマですな((゜Д゜)))))
ガクガクガクガク



スポンサーサイト
  1. 2006/03/01(水) 23:51:38|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<普通の人間が一番怖い | ホーム | 大団円>>

コメント

ぴかちゅうさんのサッカー批評を聞くと落ち着きます
  1. 2006/03/02(木) 08:38:18 |
  2. URL |
  3. 山人 #-
  4. [ 編集]

>山人
今回は結構セル塩とか北澤も同じようなことを言ってたね。特に「左サイドバックはry
  1. 2006/03/02(木) 18:48:55 |
  2. URL |
  3. ぴかちゅう #-
  4. [ 編集]

左は相馬をできれば見てみたい。。
ただ守備はサントス並(ry
  1. 2006/03/03(金) 08:20:09 |
  2. URL |
  3. 山人 #-
  4. [ 編集]

>山人
なんか能力はあるんだけど相馬ってクラブでも代表でも使われることがあんまなさそう。明日の開幕戦もどうやらサントスだし
  1. 2006/03/03(金) 23:58:53 |
  2. URL |
  3. ぴかちゅう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hobbyworld.blog8.fc2.com/tb.php/150-b9bf51fb

ぴかちゅう

05 | 2018/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

script language="JavaScript"> var rf; ref=escape(document.referrer)+""; if( (ref=="undefined") || (ref=="") ){ ref="bookmark";} document.write(''+ ''+ '');
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。