ぴかちゅうのぐだぐだ日記

FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

W杯しか眼中になし

いよいよ始まったFIFAワールドカップ2006ドイツ大会。今のところ順当に勝ってるチームとうまくいってないチームがはっきりしている。特にヨーロッパは中堅どころがやや苦戦気味か。変わりにエクアドルやトリニダードトバゴ、ガーナといった下馬評の低かった小国の健闘がめだつ。ほとんどの試合は見ているので1順目にコメントつけとく
開幕戦Aグループドイツ4?2コスタリカ
予想どおり攻め合いになった。今のドイツに昔のような1点、2点を守りきるサッカーは出来ない。DFラインの危うさはこの試合でも健在で、簡単に裏を取られて失点していた。反面、攻撃に転じた時の迫力はかなりのもので、フリンクスの弾丸ミドルシュートは大会のベストゴール候補になるであろう衝撃的ゴールであった。
A ポーランド0?2エクアドル
録画。守りは組織的で固く、決定力抜群の前線をもつエクアドルはホーム限定集団ではなかった。ポーランドのほうが押している印象はあったが決めるときに決めれないと結果は自ずとひどいものとなってしまう。
B イングランド1?0パラグアイ
イングランドは立ち上がりにベッカムの高精度のFKから相手のOGを誘いラッキーな形で得点。しかし、この後さしたる攻めの形を作れないまま時間が過ぎていき、終盤にはひたすら自陣で守るだけになってしまった。ミドルか2mのクラウチに放り込みをするシーンしか印象に無いイングランドに対して、あまり必死さが伝わらないパラグアイ。今大会1の凡戦
B スウェーデン0?0トリニダードトバゴ
今大会最初の番狂あわせ。トリニダードトバゴの守備にユーロのギリシャを見た。屈強なDF(平均2mくらい)がゴール前に壁となるわ、GKヒスロップが確変起こすわで点が取れるはずがなかった。スウェーデンの攻めの形はきれいではあったが。今大会のベストゲーム。
C アルゼンチン2?1コートジボワール
コートジボワールの強さとアルゼンチンの老獪さが目立つ好試合。きっちり決めたクレスポ、サビオラの決定力もすばらしいがアジャラのクレバーな守備が最後まで同点弾を許さなかったことも勝因。個の力では決してコートジボワールも負けていなかった。
C オランダ1?0セルビアモンテネグロ
期待はずれ。オランダはロッベンの突破力の凄まじさに賭けているところが多く、チームとしてはいまいちな選手が多かった。ニステルローイの今後の爆発に期待したい。セルビアはなんか予選でみせた勝負強さの無く、なんとなく負のオーラが漂っていた
D メキシコ3?1イラン
とにかく面白い攻め合い。サッカーがさほど好きでなくてもこういうガチの殴り合いは見ごたえがあるはずだ。前半はイランの選手にも体力があったのでますます見ごたえがあったのだが、後半はメキシコの怒涛のプレス、パス回しについていけず一方的な展開に。やっぱFIFAランク4位は伊達ではなかった。
D ポルトガル1?0アンゴラ
旧宗主国(ポル)と旧植民地(ア)の因縁対決。アンゴラもやはり気合が入っていた。しかしラモスのバカが言うような気持ちがあっても力の差が埋められるわけではないのがサッカーなので、攻守に勝るポルトガルが余裕の展開。アンゴラのGKジョアンリカルド(なんと無所属!!材木屋やってるwwどっか雇ってやれよ)は確変中だったけど。
E チェコ3?0アメリカ
正直、ここまで一方的になるとは予想もつかなかった。アメリカが弱いというよりは、チェコに隙がまったくなかった。早いプレス、連携の取れた守備。しかもロシツキー、ネドベドの献身的な働きがチーム力を一気に押し上げる。ただ、コラーの負傷は痛い。ただでかいだけのロクベンツとは月とスッポンであり、決定力の差は埋めようがない。バロシュが負傷のまま大会に来たこともあってFWはあまり期待できない・・・
E イタリア2?0ガーナ
ガーナはなかなか可能性を秘めているチームだった。豪華な中盤3人はエッシェンを中心に守備のムンタリ、攻撃のアッピアーときちんと統率がとれており、個々の選手の守備意識の高さもあってかなかなか点はとりづらかったはずだが、イタリアはやはり今大会強い。攻撃力は歴代でも最強クラスかも。前にいるFWが信用できる国はやっぱいいですねw
F 日本(笑)1?3オーストラリア
語る価値なし。最もレベルの低い玉の蹴り合い。
F クロアチア0?1ブラジル
攻撃と守備。いずれもが高レベルで連動し、ぶつかりあうハイレベルな試合。同じFグループでもやはりこの「2強」は次元の高い戦いを見せてくれた。やはり両国の点差は「個人の差」であっただろう。1点目のカカのミドルはすごすぎて対策の仕様が無い。その後圧倒的にクロアチアが押していたがやはり決定力に差があったとしか言いようが無い。しかし、ロナウドの動けなさには失望を通り越して笑いがこみあげてくる。ただのピッチに置かれた「豚」ww置物化した選手がいるとやはり劣勢になることは明白。10?11に近い形になってしまうから。イランのダエイや日本の小野地蔵などがそれにあたる。
G チョン2?1トーゴ
レベルは低いほうだが、ひたむきに攻め合い、プレスを怠らない韓国のアグレッシブさは日本も見習うべき。アンジョンファンの決定力もすごかった。
G フランス0?0スイス
クラブレベルであれだけ面白いようにゴールを決めているアンリのだめさ加減にため息が漏れる試合。ジダンも往年のキレはなく、疲れのせいか後半はほとんど消えていた。ていうかリベリーなんて使ってる時点でオワッテるな。スイスの決定力不足は慢性的だが、CBの若いセンデロスとミュラーは鉄壁に近い。今後対戦するチームでここを崩せるチームはあるのか?
H スペイン4?0ウクライナ
スペインつえーーーーーーーーーー!!ウクライナは完全に「参加賞」レベルに成り下がっててすこし失望。4点目のプジョルの何を思ったのか突然マルセイユルーレットで2人交わしてワンツーを受けてトーレスへアシストしたシーンを見てもわかるように、今回一番良い形で仕上がってる強豪はスペイン(アルゼンチンも凄まじいし、ここでピークを迎えてもしょうがないのだが)のような気がする
H サウジアラビア2?2チュニジア
あ?あ・・・ロスタイムに追いつかれるサウジが哀れ。しかし前回の0?8くらったときよりは格段に良いチームを作ってるとは思う。攻めにある程度迫力があるし。最後は全員引いて守っとけよ。某東アジアの島国みたいに10分で3点取られることもサッカーではあるんだからw
で、今日はクロアチアとジーコジャパン(爆)の試合。試合として成立すればいいね。とりあえず24時間あおり続けるテロ朝はバカ。






 


スポンサーサイト
  1. 2006/06/18(日) 21:35:57|
  2. 生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<グループリーグも佳境にさしかかり | ホーム | パソコン壊れると何もできない>>

コメント

まさにプジョルーレット
  1. 2006/06/20(火) 21:38:22 |
  2. URL |
  3. 山人 #-
  4. [ 編集]

>山人
あれにはびっくりしたよなw
ハーフウェイライン付近から持ち込もうとするプジョルがものすごい迫力だった。
次はサウジ・・・
  1. 2006/06/21(水) 00:13:18 |
  2. URL |
  3. ぴかちゅう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hobbyworld.blog8.fc2.com/tb.php/173-10189e30

ぴかちゅう

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

script language="JavaScript"> var rf; ref=escape(document.referrer)+""; if( (ref=="undefined") || (ref=="") ){ ref="bookmark";} document.write(''+ ''+ '');
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。